お気に入りに追加

無料ブログはココログ

« 世界一のおっかさん? | トップページ | 沖縄VSタヒチ-沖縄も負けてない »

2012年5月15日 (火)

自閉症を疑似体験できるカーリーズカフェ

“Carly’s Cafe” Provides a Glimpse At What It’s Like To Live With Autism

というニュースが、Council for Exceptional Children(障害児学会)から届きました。

日本語に訳すと「カーリーズカフェが自閉症と共に生きることがどんな感じかを垣間見せてくれる」と言う感じでしょうか。

記事に興味のある方は、こちらがオリジナルへのリンクです。

http://www.fastcocreate.com/1680756/carlys-cafe-provides-a-glimpse-at-what-its-like-to-live-with-autism


大まかに記事を紹介しますと、
17歳のカーリーは言葉を発しない自閉症を持っています。

カーリーは2歳の頃、将来言葉を発することはなく、知能も6歳レベルまでしか発達しないだろう、と診断を受けました。

ところが10歳の頃タイプすることで意思疎通する術を学ぶと
優秀な生徒として認識されることになります。


そのカーリーが父親と共著で本を出版したのですが
(本の名前はCarly's voice: Breaking through Autism: ←ここをクリックすると本のホームページへ行きます。そこで買うことも可能ですが、まだ英語のみのようです。)

その本の最後の章はカーリーが一人で書いており、
カーリーから見た世界がどのようなものであるかを詳しく説明してあります。


その説明を元に、今回カーリーズカフェと言うウェブサイトが作られました。

こちらがそのウェブサイトです。
Carly’s Cafe

ウェブサイトへ入ると、コーヒーカップが表示されるので、それが100%までアップロードされるのを待ってください。

アップロードされると、“Enter”のボタンを押してください。

カーリーが父親と妹とカフェにいるところなのですが、
マウスをあちこちへ動かすと、風景や音も変わり、
カーリーがどのように感じているかを体験することができます。

カーリーの心の声も聴く事ができます。
まずお父さんが「オレンジジュースとホットチョコレートどっちが欲しいか尋ねます。」


Carlyfather

カーリーは「私はコーヒーが欲しいんだけど。」と心の中で呟いています。


それから妹が友だちのところへ行くんだけど、と父親に話すと
父親がカーリーも一緒に連れて行くよう、言います。
カーリーは「ちょっと待って、私には私のプランがあるのに…」と呟きます。

そして、ホットチョコレートを父親が持ってきて、
押し寄せる沢山の視覚刺激と音、匂い、色々なことに圧倒されて、カーリーは…
という内容ですが、

カーリーによると、これでもまだ十分にカーリーの感じている世界を再現しきれてはいない、と言う事でした。

ニュースの一文をこちらに

“She takes in far more information than the average person; she can hear, see, feel, smell things that the rest of us don’t, but then that clouds her ability to comprehend.”

訳すと
「カーリーは普通の人が受け取るよりもずっと多くの情報を受け取っている。彼女は私達の聞こえない、見えない、感じない、匂えないものを感じ、それらが彼女の(情報を)理解する能力を曇らせているのです。」

最近は、難聴や、統合失調症などを疑似体験できるこうしたサイトをよく見かけますが、こうしたサイトを通して、より多くの人の理解を得られ、誤解や偏見の減る助けになると良いですね。


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 英語ブログ 英語表現・口語表現へ
にほんブログ村 にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

« 世界一のおっかさん? | トップページ | 沖縄VSタヒチ-沖縄も負けてない »

障がい児・者/特別支援教育」カテゴリの記事

コメント

「自閉症_疑似体験授業」のキーワードで、こちらに寄らせていただきました。
自閉症を疑似体験できる「カーリーズカフェ」を拝見し、自閉症の方の困り感に少しでも近づけたような気がしました。そして、衝撃も受けました。
色々な国の言葉に翻訳されていくと良いと思いました。
特別支援教育コーディネーターをしているので、「カーリーズカフェ」とこちらのwebページを色々な人に紹介させていただきたいと思います。

CASSHERN372さま、コメントありがとうございます!
色々な方にご紹介いただけるとは嬉しい限りです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自閉症を疑似体験できるカーリーズカフェ:

« 世界一のおっかさん? | トップページ | 沖縄VSタヒチ-沖縄も負けてない »

カテゴリー

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ブログ村