お気に入りに追加

無料ブログはココログ

« 美しい水中の世界 | トップページ | しょーもないことで笑いたい気分の時に »

2013年4月28日 (日)

自閉症診断のためのバイオメーカー研究

今週の水曜から、複数の大学と複数の医療技術系の会社とが連携して、血液や唾液の成分から自閉症を特定するためのバイオメーカーを探す大規模な研究が始まりました。


この研究は、アメリカ国内の20の異なる地域、660人を対象にしている、今までで一番大きな規模の研究です。


自閉症のような、脳機能の働きが多くの人と異なるような状態を見分ける方法は、今のところ専門家による質問形式しかなく、自閉症的な行動に関する質問項目にいくつ当てはまるかによって、診断が下りたり下りなかったりします。


この客観性に欠ける診断方法への疑問は長年指摘されていましたが、それに代わる信憑性のある診断方法がなかなか確立されないまま今に至っていました。


アメリカにおける自閉症の診断がおりる平均年齢は4歳。
これはかなり遅いです。


適切なセラピーや療育は、早く始めればそれだけ効果も大きいことが知られています。
(*この場合、効果というのは、自閉症が治るという意味の効果ではありません。あくまで、自閉症の人が彼らなりに幸せな人生を生きる基礎を築くという意味での効果です。)


子どものためにも家族のためにも、早期診断&早期療育はとても大事で、後の問題行動の減少や家族のストレス減少にも影響してくる大切なステップです。

が、親御さんが「この子は何かが違う」と早いうちに感じて、アドバイスを求めていろいろな機関を回っても、特に重度の自閉症ではない場合(アスペルガーや広汎性発達障害、高機能自閉症の場合は特に)、心配のし過ぎ、とか、もう少し様子を見ましょうとか、男の子だから言葉が遅いのは普通、などと言われ続けて、やっと診断が下りたら、もう子どもは5歳になっていた、というようなケースは少なくないのです。


その間の親御さんの苦労(一人で抱え込んだり悩む場合が多い)や、子ども自身の苦労を考えると、客観的にできる診断方法の必要性を感じます。

もちろん、適切な診断方法の確立と共に、適切な療育やセラピーを提供するサービスも発達しなければならないのですが…。


Bloodtestautism

« 美しい水中の世界 | トップページ | しょーもないことで笑いたい気分の時に »

障がい児・者/特別支援教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自閉症診断のためのバイオメーカー研究:

« 美しい水中の世界 | トップページ | しょーもないことで笑いたい気分の時に »

カテゴリー

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ブログ村