お気に入りに追加

無料ブログはココログ

« 学習障害(LD)の子どもをサポートする4つのヒント | トップページ | 独立記念日:大混雑のプール »

2013年6月29日 (土)

グルテンフリー食事療法と自閉症

みなさんは、グルテンフリーダイエットを知っていますか?


ダイエットと言っても、減量の意味ではなく、ここでは規定食とか食習慣という意味で使っています。


「フリー」というのは、それが含まれていない、ということですが、グルテンというのは、タンパク質の一種で、麦類に含まれる成分です。


このグルテンにアレルギーを持つ人(それが重症化すると「セリアック病」と呼ばれる)がいて、もともとはそういう人のためのグルテンフリーダイエットとして、「グルテンフリー」と書かれた食品パッケージなどがあったわけですが、


最近では、ハリウッドのセレブの間でグルテンフリーダイエットをすると、肌の調子が良くなったとか、やせたとか、体調が良くなったという話をする人が増えて(ミランダ・カーや、アン・ハサウェイなどがグルテンフリーダイエットを実行していると公言している)、健康志向の女性の間でちょっとした流行になっているのです。


ところで余談ですが、麦類を使わない伝統的な和食は基本的にグルテンフリーであることが多いです。



そのグルテンフリーダイエットが、自閉症の症状の軽減に効果がある、という理論上の意見を述べる研究が出てきたことで、ここ数年、アメリカではグルテンフリー&カセインフリーダイエット(頭文字を取ってGFCFと呼ばれる)を実行する親御さんが増えています。


カセインというのは、乳製品に含まれるタンパク質です。


このGFCF、登場した当初からその効果の程の疑わしさから(その上、本格的にGFCFを取り入れた食事を用意するのは手間もお金もかかるため)、賛否両論あり、未だにその自閉症への効果がきちんと実証されていません。



理論上の議論によると、自閉症のある人は、グルテンとカセインに含まれるペプチドやタンパク質に過剰に反応するか、特殊な消化をする可能性があるため、自閉症的な症状(コミュニケーションの難しさや、社会性の難しさ、自閉症的な行動:身体を揺らす、行動の繰り返しなど)が出るのではないか、という仮説が立てられたわけですが、


GFCFの効果は科学的には証明されておらず、多くの医学研究はGFCFの自閉症への効果をサポートしていないのが現状です。



今月(2013年6月)、「Education and Training in Autism and Developmental Disabilities」という学会誌に、

「Effectiveness of Gluten-Free and Casein-Free diets for individuals with Autism Spectrum Disorders: An evidence-based research synthesis」(グルテンフリー&カセインフリーダイエットの自閉症者への効果: 実証に基づく研究総括)という論文が掲載されました。



食事療法が自閉症への療法として登場した1977年から現在までに発表された論文から、総括的にその結果を考察して、GFCFの効果を調べたものです。


それによると、
GFCFに関するほとんどの研究は2000年以降に発表されており、論文数は23本とごく少なく、それぞれの研究の質もあまり良くないという結果で、


GFCFによって改善しようと試みたターゲットとなる行動・能力は、

コミュニケーションスキル(アイコンタクト、発語、無言語コミュニケーションスキルなど)、社会的やり取り、身体能力、知的能力、問題行動の減少(癇癪、自傷行為、攻撃性、物の破壊行動、逃避行動などの減少)、など多岐に渡り(23本の論文がそれぞれバラバラの行動をターゲットとしている)、


ほとんどの論文が1年以内に結論を出しており(7本の論文が1か月以内、6本が1~3か月以内という短い期間)、


23本の論文のうち、11本はGFCFと他の療法を併用しているため、GFCFそのものの効果が分かりにくいことと(研究対象として他の療法を用いていない研究でも、学校やセラピーなど普段から使用している療法を完全に除去してはいない)、


研究を長く続けた場合ほど効果が出ているという結果も報告されてはいるのですが、その間他の療法も続けているため、問題行動の減少などは、GFCFのみによるものとは言い切れない難しさがあり(長期の研究になれば子どもの自然な成長も加味しなければならない)、


結果として、やはり今のところは、


GFCFが自閉症のある人にどの程度効果があるかは不明、


という結論が導き出されています。


また、こうした研究総括の弱点は、学会誌に発表された研究だけがターゲットになる点です。


学会誌は、研究結果がハッキリとしている論文を好む傾向にあるため、効果不明のものや、効果なし、の研究結果を報告する研究が出版されにくいという問題があります。


というわけで、結局今の時点では、GFCFの効果は科学的にはまだ証明されておらず、更なる研究が必要ということですね。




Elisabethhasselbecksglutenfreedie_2


ブログランキング・にほんブログ村へ


« 学習障害(LD)の子どもをサポートする4つのヒント | トップページ | 独立記念日:大混雑のプール »

障がい児・者/特別支援教育」カテゴリの記事

コメント

くり子さん、こんにちは。
効果の有無を別として、そう信じている人達がいるのですね・・・じつは娘が御世話になっているTutorの御主人が最近ベジタリアンになられたそうなので、日本土産に「麩」でも?と考えたのですが、お子さんが自閉症なのです。麩なんてグルテンの塊ですもん、やっぱり差し上げないほうが無難そうですねthink

kさん、そうですね…。その方のお土産には、乾麺のそばなんか良いかもしれませんね?確か、そば粉にはグルテンが入っていなかったような気が…??あやふやですが。
この頃は、アメリカでも健康志向の人がそばを使って料理することはよくあるみたいです。(でも、そばを野菜やエビと一緒にオリーブ油で炒める、というなんとも言えない食べ方― 焼きそばとも違う、パスタとパッタイの中間みたいな― が主流のようですが…。)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1684490/52224550

この記事へのトラックバック一覧です: グルテンフリー食事療法と自閉症:

« 学習障害(LD)の子どもをサポートする4つのヒント | トップページ | 独立記念日:大混雑のプール »

カテゴリー

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログ村