お気に入りに追加

無料ブログはココログ

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

2013年7月27日 (土)

自閉症教育モデルで最も有効なものは?―TEACCH vs. LEAP vs. 普通のクラス

自閉症の特性が理解されるにつれ、様々な教育モデルやトレーニングモデルが考案されてきました。


その中でも良く知られているLEAPとTEACCHという二つの教育&トレーニングモデルがあります。


この一見全く両極にあるように思える2つのモデルと、何のモデルも使っていない普通のクラスとの3つを比較する研究結果が先月発表されました。(比較されたのは3~5歳児の保育園のクラスです)


それによると、

LEAP、TEACCH、モデルを使用していないクラス、どれにおいても、生徒の成長と学びが同じように表れた、というのです。


ただ、ここで大切なのは、そのどれもがスキルのある教師による質の高いクラスを対象に研究された点です。


この研究結果を見ると、どのモデルを使ったか、ということよりも、教師の質と教師と子どもとの良い関係の方が、子どもの学び&成長にとって重要であるということが分かります。



ところで、TEACCHは日本でもある程度知名度が高いと思いますが、Treatment and Education of Autistic and Communication-Handicapped Childrenの頭文字を取って(少しひねりを加えて)TEACCHと呼ばれています。


自閉症の特性に特化した教育&トレーニングモデルで、多くの場合目から入る情報を用いて(視覚支援)、見通しと理解を持って課題(手を洗うなど小さなことでも良いのですが)に一人でも取り組めるようになるようサポートする環境づくりと、そのモデルに携わる教師や親への教育を含めたモデルです。


その環境づくりのところで、物事の順序や意味が明確になるように環境の構造化をがっちりする人も中にはいて、そのイメージから、TEACCHは構造に沿った固いモデルのような印象を持つ人も多いかもしれません(曖昧性や臨機応変性を排除したまるで機械のように作業をこなす人間を作るイメージですね。実際のモデルの目指すところはそこではないのですが。


なので、TEACCHとはまるで対極にあるように理解されているモデルが、LEAP=Learning Experiences Alternative Program for Preschoolers and their Parentsになります。


LEAPというのは保育園児を対象に、自閉症のある子と障害のない子を同じクラスに入れて、普通の状況(real-world settings)で子ども同士の自然なやり取りを通してコミュニケーションスキルや社会性を育てていくモデルです。


障害のない子が自閉症の子と上手くコミュニケーションを取るために、こうやって声を掛けてごらん、とか、こうやってしてごらん、と大人が教えてあげることで、双方のやり取りの場を作っていきます。


一つの場面で見られたやり取りを、他の場面や違う設定でもできるように(般化するために)、大人がいろいろな場面で仕掛けていきます。
そして毎日、目標となる行動のデータを取り、次の日の実践プランを立てていく、というものです。


LEAPはその効果の高さから、研究に裏付けされた効果のあるモデルとして認定されています。



さて、冒頭の研究に戻って、


この研究では、25のTEACCHを用いたクラス、22のLEAPクラス、そして27の特定のモデルを使用していないクラスとを比較しました。


自閉症の子どもの数で言うと、85人(TEACCH)、54人(LEAP)、そして59人が対象になっています。

研究をしたのは、Boyd博士率いるTEACCHの本拠地ノースカロライナ州立大学の研究者グループです。


研究結果によると、それぞれのグループに属する園児全てが、自閉症(的症状や行動)の軽減、コミュニケーションスキルの上達、指先を使った微細運動スキルの上達を示しました。そしてその成長にモデル間の差異が見られませんでした。



少なくとも、それぞれのモデルに違った強みがあると予想していたのがそうではなかったので、この結果は研究者にとっても驚きだったようです。


研究対象になった「質の高い」クラスで見られた、

学びの査定(どのような時に上手くできたか、できなかったか、などをチェックして次の日の授業に生かす観察記録のようなもの)、


家族を巻き込んだ指導(家との連携)、


教師と児童との良好な関係性、


などが、モデルそのものよりも大事なのかもしれない、と提示しつつ、


そうした質の高いクラス作りをできるように、教師をどうやってサポートしていくかがこれからの課題になる、と締めくくっています。


36autism_bones_280
Preschoolers, from left, Eleanor Kimball, Thalia Lugo, and Sam Moschetto play paleontologist as they dig for dinosaurs buried in sand during class at Millville Elementary School in Millville, Mass. As part of the LEAP program used in the class, teachers encourage students to work and play together as much as possible.—Gretchen Ertl for Education Week
ブログランキング・にほんブログ村へ

2013年7月17日 (水)

世界中が猛暑―温暖化の原因は…?

今年は世界各地で猛暑のようです。


アメリカの南西部では、観測史上最高となるセ氏40度台が続き、ついにはカリフォルニアのデスバレーでセ氏53度という信じられない高温までが叩き出されました。


まさにデスバレー…coldsweats02  まぁ砂漠なので日中の気温が上がるのは当然ですが。


それに加えて、アリゾナ州では乾燥した空気の中で落雷が多発し、森林火災が発生して消火にあたった消防士が大勢亡くなりました。


インドでも大雨に誘引された大洪水で大きな被害が出ました。


ここアメリカ東部も、連日落雷を伴うゲリラ豪雨に見舞われ(雨が降らず水不足になることの多い夏に、これだけ毎日大雨が降るというのは珍しい)、遂にはノースカロライナで初めて地すべりが発生したりもしました。


日本でも今年はゲリラ豪雨が多発して、いろいろな被害が出ています…。


温暖化が叫ばれて久しいですが、ここまで来ると実感として「これはさすがに暑すぎやしませんかgawksweat01」と、ふと立ち止まって考えてしまいますね。


そんな折、

今年の5月に発表された論文(過去に発表された数々の論文をまとめて考察したもの)で、気候変動―特に温暖化は、ほぼ人間の活動によって引き起こされている、という結論が出されました。


過去に、世界中の科学雑誌に発表された12,000本の論文を考察したところ、気候変動について研究した論文は全体の3割を占め、そのうち98%の研究が、人間の活動(特に燃料を燃やす活動)が温暖化へ影響を及ぼしていると伝えているのだそうです。


ところが興味深いのは、
ジョージメイソン大学の気候変動コミュニケーションセンターのMaibach氏の行ったアンケート調査によると、一般の人は、温暖化の原因は諸説あって科学者の間でも結論が出ていない、と信じている人が40%以上になるのだそうです。


こうした科学的根拠とは逆を行く考え方の原因は、ブロゴスフィア(ブログによって作られるコミュニティ)に氾濫する根も葉もない極端な論議や疑わしい諸説によるのではないか、とMaibach氏は話しています。

(アメリカでは、ゲイカップルの結婚を認める最高裁の判決があったことを神がお怒りで異常気象になっている、と本気で信じている人も結構いるくらいです…。)


人間は本来、「少数派の意見を過度に信じたがる傾向」があるのだそうです。

科学的根拠よりも、極端な意見や、信憑性の疑わしい説に影響を受けやすいこの傾向は、人間の弱点でもあると言われています。



ただ、実際に気候変動が起きているということだけは、大半の人が信じている、という結果も出ていたので、自分が体感できる事実は受け入れる、というところがあるのも人間の特徴かもしれませんね。


正しい情報を見極めて、考察することを意識していないと、知らぬ間に突拍子もないことを信じている自分に気付くことになるのかもしれません…


941225_409294782512415_1499363421_n


Causesofglobalwarming

2013年7月10日 (水)

本当に素晴らしいプレゼンをするための5つのコツ

最近、急にブログの上と下に、エアーサロンパスの広告が表示されるようになりましたが、これは、ココログの仕業なのか?よく分かりませんが、ココログフリーのサービスを使ってると、こういうことになるのかな…。不思議ですdespair


それはそうと、今日は、つい先日LinkedInのニュースで見つけた記事をここに紹介したいと思います。


ちなみに、LinkedInというのは、ご存じの方も多いかと思いますが、自分の専門職に特化したソーシャルネットワークサービスです。
同じ分野で活躍する人と繋がり、新しい情報の交換や、お互いにその人の評価を付け合ったりして、職探しや転職に使うこともあるようです。私は教授に誘われて二年ほど前に参加したのですが、このLinkedIn、自分の専門分野に関係したニュースや私の興味のありそうな情報をメールに送ってくれるのです。




というわけで、そのニュースから、

"5 Tips for giving REALLY amazing presentations"

(本当に素晴らしいプレゼンをするための5つのコツ)


という記事です。



Presentation_2




1.ポイントをつかむ。


話にまとまりのないプレゼンに集中して聞き入るのは、誰にとっても至難の業です。話にまとまりがなくなるのは、プレゼンをしてる人自身、ポイントがごっちゃになっているか、自分に甘すぎるかのどちらかです。


まず、聞き手の興味を把握したポイントをはっきりさせること。

そして、話の流れを明確に的確に用意すること。


どんなに聞き手の興味のある話でも、話があちこち行ったり、長くなったりすると、誰でも集中力が途切れてしまいます。




2.引き込まれるような小話を挟む


プレゼンをしていると言うことは、何かしら聞き手にやって欲しいことがあるはずです。

例えば、契約にサインすることだったり、プロジェクトに参加することだったり、その人の人生で何かを起こすことだったり…。


相手に何かをさせたい場合、その行動に対して感情的なつながりを感じさせることが大切です。


共感させたり、聞き手をインスパイアさせるような物語をプレゼンに盛り込むことで、聞き手の行動に変化を起こすことができます。


"The more personal and authentic, the more powerful the response you'll receive."

(それが個人的で本当の話であるほど、より強烈な反応を得るでしょう) 

〔どうでも良いですが、懐かしの"The more... the more..."語法ですね。(o^-^o)


どんな話が聞き手を惹きつけ、楽しませ、刺激し、行動を起こさせるのか、事前にしっかり考えて用意しましょう。


そして、忘れてはいけないのが、必ず小話にはユーモアを挟み、ああそうか!と思えるようなネタ(Aha!moments)を挟むことです。




3.楽しめるプレゼンにする


芸人のような面白さにする必要はありませんが、ただ紙に書いた文を読み上げるようなモノトーンのプレゼンを聞きたい人はいません。


情熱とエネルギーの伝わるような話し方、声のトーン、アイコンタクトをして、聞き手を惹きつけましょう。


そのためには、時間を掛けて話す内容を書き出し、それを完璧に記憶しなければなりません。


ただ、一字一句記憶するのではなく(そうすると読み上げるのと同じことになってしまう)、キーポイントをはっきりと簡潔に語れるようになるまで頭に叩き込みます。


そして、何度もリハーサルをしなければなりません。


リハーサルをビデオに撮って、自分で見て、不必要な動きや、「えーっと」、「あのー」など言いすぎている部分があれば、意識してそれをやめる練習をします。





4.画像や映像は本当に必要な時だけ使う


ビデオ映像や、パワーポイントの視覚情報は、正しく使えばとてもパワフルなプレゼン技法です。ただし、誤って使うと、集中力を妨げる単なる悲惨な邪魔者でしかありません。


パワーポイントは、文字数をできるだけ少なくし、絶対にプレゼン者がスライドに書いてあることを読み上げるようなことだけはしてはいけません。


スライドに書かれていない、プレゼン者だけが伝えられる情報を与えることが、聞き手がプレゼンを聞く理由になるのです(そうでなければ、パワーポイントを後でメールしてもらえば済む話です)。


プレゼンの準備段階で、スライドやビデオが本当に必要かどうか、しっかり検討してみてください。




5.何かを後に残す



例えあなたのプレゼンがどんなに素晴らしいものだったとしても、それが終われば、そこにいた人は皆慌ただしく次のプレゼン会場へと移動していくか、ランチを食べに行くか、自分のデスクに戻って仕事を始めるか、何かしら次のしなければいけないことへと駆り立てられて行くでしょう。


そこで、プレゼンの間に、何かあなたのプレゼンを後で思い出させるようなものを渡しましょう。


あなたの本や、本の中の一章や、一枚の紙でも、鉛筆など小物でも、なんでも良いので、プレゼンに関係した何かを渡しておくと、後でふとした時にそれを目にした時、プレゼンの内容を思い出すきっかけになります。





以上が記事の内容ですが、

こうして書いてみると、いわゆる「TED Talk」のようなプレゼンが、聞き手の中にに残るパワフルなプレゼンということなのかもしれませんね。


そして、やっぱり事前練習が大事なんですね…。

プレゼンの苦手な私も、これからはもっと練習を積んで挑んでみよう、と思いました。

Business_jigsaw1

ブログランキング・にほんブログ村へ

2013年7月 5日 (金)

独立記念日:大混雑のプール

今日は、アメリカの独立記念日(インディペンデンス・デイ)です。


独立記念日と言えば、パレード、花火、バーベキュー、パーティー…と、お祭り気分を満喫するため、みんな大忙しになります。


「自由」を祝う日のはずが、自由を祝う不自由に縛られる、という皮肉?もありつつ…(´m`)、ま、不自由に縛られるのもまた自由、というやつですかね



昨日は1日雨で、だーれもいなかった家の前のプールも、今日はプールパーティーをする人で朝から大混雑しております。



P7050003s_2


まるで温泉に入るような雰囲気で、プールに入りながらビールを飲む人々。


P7050001s


仲良くビールを飲むカップルも。


P7050002s


プールサイドでは、誰かが音楽を大音量で掛けていますが、朝のうちは、カントリーミュージックだったのが、昼になってからはカニエ・ウエスト系音楽…、夕方近くになって、ノラ・ジョーンズに。



こういう時いつも思うのですが、
プールに来てる人はみんなが知り合いというわけではないので、中にはカントリーミュージックを不快に思う人とか、アンチ・カニエ・ウエスト派もいるはず(これは結構アメリカでは多いかも)。


でも、誰かが「みんな盛り上がろうぜ!」というような勝手なノリで、ガンガンに自分好みの音楽を掛けて、特に肩身が狭く感じたりもしないというのが、


いわゆる自由の国・アッメーリカ!というところなんでしょうか…。


それにしても、このプールサイド、
晴の日には、大学生の若い白人女性達が、これでもか!というくらいに毎日毎日プールチェアに寝転んで肌を焼いております…。


(向かいの棟に住んでいる旦那さんの友人は、それをなかなか楽しんでいたりするのですが…(^-^;


これでもか!というくらい肌をがっちりガードする日本人女性とは逆を行くこの志向。


白人は体質的に日焼けに弱く、皮膚がんに罹りやすい人種であるのにも関わらず、やはり夏は「健康的(に見える)」小麦色の肌になりたい!と思うみたいですね。


世の中、何を美しいと思うかは文化によってそれぞれです…



最後に、
独立記念日のニュースから、いくつか写真をここに…


自由の女神像を観に行く人々


Slide_306817_2657350_free


パレードでアンクル・サムに扮したおっさん
(ザ・アメリカ!です)

A_man_dressed_as_uncle_sam


自転車に乗ってパレードへ向かう少年

Slide_306817_2657331_free

ブログランキング・にほんブログ村へ

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

カテゴリー

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログ村