お気に入りに追加

無料ブログはココログ

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月

2013年8月24日 (土)

ブラマヨ吉田さん結婚~片目だけ飛び出る

つい先ほどYahooニュースで、ブラマヨの吉田さんの結婚の記事を見ました~

w(`0´)w


吉田さんのファンとしては、おめでたい気分です!


モテない男キャラで、面白いコメントを連発する吉田さんですが、これからどんな風に展開?していくのか楽しみです。


どうしても、これ↑を書かずにはいられなかったので、記事の始まりと本題が全く別物になってしまいますが(なので、誤解を招きそうな記事のタイトルになってますが…)、


さて本題です。

今日、人生初コンタクトレンズを作りに眼科へ行ってきました。

25歳頃までは、両目とも2.0だった抜群の視力が、徐々に落ち始め、今では多分0.3以下くらい。 アメリカの視力の測定値がいまいちよく分からないので、曖昧ですが、古い形式の視力検査の、表の上から3番目がぼやけてしまいます。



今日も、「上から三番目までは見えます!左からC,P,F」と張り切って答えて、



オッケー!」と言われて、表の近くの席に座って見ると



実は「S,F,P」でした。



どこがオッケーやねん…!(`0´;)



でも、眼鏡を掛けるのがあまり好きではなく(鼻のところが痛くなる)、家にいる時は掛けずに生活しています。


それにしても最近はあまりにぼやけるので、眼鏡が苦手ならコンタクトという手がある!ということで、コンタクト外来?に行ったのですが、


そこで眼医者さんに、


「目を見開いた時の左目と右目の開き方が違うね…。左目の方が飛び出てるように見えるけど…」


と言われてしまいました…shock



やっぱり…shock



そうですよね…_| ̄|○



実は一週間ほど前から、自分でも気になっていたのです。


でも、それほど顕著でもないし、旦那さんに見せても、「うーん、ちょっとだけそんな風にも見えるけど、どうだろう…。」と曖昧な返事が返ってくる程度だったので、気にし過ぎかな、と放置していました。


以前、バセドウ病がピークだった時にも、目がとび出る症状だけは出ていなかったので、油断していましたが、見た目に変化の現れる病気というのは、なんとなく気になりますね…(´・_・`)


甲状腺の主治医の予約が、速くても9月中旬まで取れないと言われ、今はそれまで待つしかないのですが、



みなさんも、もし目がとび出てきたら、甲状腺要チェックです!wink good

2013年8月22日 (木)

なんとなく怖い話…

家の向かいの棟に旦那さんの友人が住んでいるのですが、



彼は我が家と同様、二階の部屋に住んでいて、うちとはプールを挟んで完全に真向いさんなのですが(多分、やろうと思えば糸電話もできるはず)、


その部屋の一階には、体格の良い黒人のおかん風女性が住んでいます。


そのおかん風女性が時々ベランダに出てタバコを吸っている姿を拝見するので、たまたま知っているだけなのですが(ちなみにアパートは全室禁煙)、


最近、その友人は、階下のおかん(便宜上こう短縮して呼びます)から、アパートの管理会社を通して、公式な苦情を突きつけられて困っている、というので、旦那さんに相談してきました…



その話がなんとなくちょっと怖いのです…



苦情の内容は、アパートでよくある騒音被害なのですが、


何が怖いって、



本人は全く何も音を出していない時に限って、階下から棒で「静かにしろ!」と天井をつつく音がすると言うのです。



例えば、その友人がすっかり寝静まった夜中に、急にどんどんどん!と下から天井(友人宅の床)をつつく音が響き、驚いて目が覚める、とか、


椅子に座ってパソコンに向かって仕事をしている時に、どんどんどんと下から天井をつついてくる、とか、


その友人は音楽を全く聴かないのにも関わらず、大音量で音楽を掛けていて迷惑だ、と言われたり…



一体どないなっとんねーん!!( ̄ロ ̄lll)



という感じですが、


自分は静かにしている時に、下から「うるさい!」と怒られるのは、なんか、ちょっと、ゾッとしますよね…shock



何かこの部屋にうろついてるんかな…?


などと思ってしまいそうになりますが、


それよりは、
統合失調症など、おかんが何か患っている可能性もあります。


でも、本人にとっては「本当に」聞こえているのだろうから、こういうトラブルはどう円満に解決するか、難しいですね…。


一応、こちらの主張をアパート会社に伝えてから、まだ苦情が続くようなら、こちらから弁護士を立てて話し合いをする必要も出てくるのかもしれません(アメリカ流問題解決法…)。


もし、私が一人で暮らしていて、寝ている夜中に、うるさい!と下から棒でつつかれて目覚めたら、なんとなく怖すぎて、ベットから動けなくなりそうです…。ところが旦那さんの友人は、そのことを特に怖いとは思っていないようで


"She's just CRAZY!!"(おかんは頭がおかしい!)


と怒っているだけなので、まぁ、あれなんですが。


早く問題が解決するといいですね(゚ー゚;
ブログランキング・にほんブログ村へ

2013年8月15日 (木)

アメリカ人の夫も喜ぶ手抜きディナーレシピ

ずっと以前に、「アメリカ人の夫も喜ぶ超手抜きランチ」という記事で、手抜きすぎるランチのレシピを紹介したことがありますが、


今回は、もう少し普通の、でもとっても簡単に作れる手抜きディナーのレシピを紹介しようと思います。


アメリカで作る手抜きディナーで一番重宝する技…


それは、


肉を焼くshine


何しろ肉が安いので、安く早く済ませるのに持って来いなのです。


どんな肉もある程度美味しく焼くコツは、マリネィドソースを作ってそれに漬け込むこと。そうすると、どんな肉もたいてい柔らかくジューシーになります。


マリネィドのレシピは色々あるようですが、

基本は、


酸味、
塩味
アルコール、
ハーブやスパイス、
甘味、
オイル、
そしてガーリック


の組み合わせです。(鶏のから揚げを漬け込むタレのような感じですね)


酸味はお酢を使うか、塩味と酸味を合わせてポン酢を使ったり(地元のスーパーで売ってるような美味しくないポン酢でも、こうして使うと重宝します)、玉ねぎスライスを入れても良いです。


塩味は塩や醤油を使います。(醤油の方が美味しくなる)


アルコールはワインかお酒。私はその時家にあるアルコールを適当に使うこともあります。(旦那さんの飲んでいるジンとかウォッカとか…これは邪道かもしれませんが、仕上がりは悪くないです)


ハーブは、肉やその日の気分によって変えてもいいですが、はずれがないのはローズマリーとタイムです。
豚肉、牛肉、ラム、チキン、どれでもこの二つさえあれば美味しく仕上がります。
生のローズマリーとタイムがあればより良いですが、乾燥でも美味しいです。他にも好みで違ったハーブ(オレガノとかバジルなど)を入れても良いです。


甘味は、砂糖をちょっとだけ入れます。(肉の量によってソースの量も変わりますが、二人分でティースプーン半分くらい)


オイルはソースがまんべんなく行きわたるためのものなので、オリーブオイルをティースプーン一杯分くらいで大丈夫です。


ガーリックはスライスして入れます。


これらをジプロックのバックに入れて、そこに包丁の背で(または肉用のハンマーで)叩いて、塩コショウを少々振りかけた肉を入れて、ソースに漬け込みます。

朝のうちにここまでしておいても良いですが、作り始める30分前にしたとしても大丈夫です。



今日、我が家はポークチョップを焼いたのですが、


これがマリネィドソースに漬け込んだポークチョップです↓(肉がでかい…これはジプロックの大袋です


P8150011s


ポン酢にプラスして、酸味として、昨日刻んでいたネギのあまりがあったので入れました。



マリネィドに生姜を入れると、アジアン・テイストになり、それはそれで美味しいです。手に入るなら、豆板醤とかコチュジャンをごま油と共に入れると、韓国焼肉風味になります。


こうして漬け込んだ肉を、強火で熱して少し油(オリーブオイルでも)を引いたフライパンにそのまま投げ込み、片面を2~3分くらいずつ、少し焦げ目がつくように焼きます。

P8150014s


中身はまだ生なので、これを425~450Fに熱したオーブンにフライパンごと入れてしまいます。


P8150015s


フライパンの取っ手が耐熱使用のものを使ってください。

豚肉の場合、オーブンで10分~15分熱して出来上がり~。


簡単です!!(´∀`)ノ


牛肉やラムの場合は、お好みによってオーブンに入れる時間を調整してください。(牛肉でステーキを作る場合は、ステーキラブというスパイスミックスを焼く前にこすり付けると良いですが、これはまた別の機会に…)


マリネィドソースも簡単に作れるので、ここまでの所要時間(漬け込む時間は除き)、20分くらい。



今日は、ポークチョップの付け合わせに、激安で手に入れたトウモロコシ(5本で1ドル)と、マッシュルームと玉ねぎを適当に切ったものをオーブンでグリルして出しました。


サイドディッシュを、肉を焼く前のオーブンの予熱の段階から入れておくと、肉と同時にできあがるので便利です。


グリルして食べられるものなら何でも同じように作れるので、ズッキーニや、ナスや、アスパラなど、適当に切って一緒にグリルしてしまいます。(味付けは塩コショウか、ポン酢を掛けても、バター醤油でも、マヨネーズ醤油でも…)。


P8150013s


今日のトウモロコシは、昼に茹でてあった残り物を焼いて、マッシュルームとオニオンは、塩コショウとハーブ(バジル)を振りました。


これをそのままオーブンに入れておくだけなので楽ちんです(o^-^o)



随分ぼやけた写真ですが、これが出来上がりの図↓(日本人にはあるまじき大量盛り…) パンの代わりにコーンを主食とするずさんさ…でも、その方がローカロリーかな?(゚ー゚;

P8150020s


サラダはベビーリーフにミニトマトとナッツを載せただけの手抜き加減です。ゴートチーズやフェタチーズを載せるとより美味しいですが、今日は無かったのでシンプルに…。


最後に、アメリカ在住の方にお勧めのドレッシングブランド↓


P8150018s


Briannas’です。


色々な味がありますが、どれも美味しいくて、ハズレなしです。もしまだ試したことがなければ、是非お試しください。

2013年8月10日 (土)

近況...

私の大学では、今日(アメリカはまだ8月9日金曜日)が正式な8月の卒業日となっています。 


大学のサイトで自分の学位をチェックすると…



Untitled


ちゃんと今日の日付で、PhDが取得できたことになっていました(´o`)ホッ!


郵便受けにも、「卒業おめでとうございます!」レターが大学から届いていたので、正式に卒業したんだなぁ~とちょっとしみじみしています。

ところで、以前、アメリカの大学での職探しに苦労しているという話を書いたことがありましたが、



あれから結局就職先を見つけられず…crying


今年は博士課程を取った今の大学で講師として授業を教えることになりました。

博士課程を取った大学で常勤の職を得るのはNGになっているため、正規採用ぎりぎり一歩手前の数だけクラスを持たせてもらうことになります。



それはそれでありがたいことなんですが…



うーーん…(‐‗‐)…博士を取って職がないって…



情けなさすぎるような…weep



色々と思うところがありますが、

(ちなみに今年一緒に卒業した友人は職を得て、別の州へ引っ越していきました←これも寂しさを煽る…)


自分のダメなところや、詰めの甘さも認めつつ、



今月から、来年度(2014年8月)の仕事の募集が出始めているので、今度こそは職を得られるように、改善しなければならないところは改善して、次へ向かってレッツゴ~!(ノリが古い)と気持ちを切り替えて行こうと思っているところです(つい最近までは色々と落ち込んでいたのですが…そうしてばかりもいられません…)。


教授とも相談をして、これからは、自己アピール文の中にアメリカ永住権を持っていることをアピールする一文を入れること(就労ビザが不要というのは大事な点ですが、相手からはこの点について質問することができないので、こちらから言わなければ分からない、というのを知らなかった)、


そして、日本の教員免許をノースカロライナ州の教員免許に切り替える手続きを試みているところです。


大学では教員養成課程を教えるので、教員免許を持っていることが就職の条件になっている州が多く、ノースカロライナで免許を取れれば、そこから別の州へ切り替えることは簡単なようです。


こういうことを博士課程にいる間にやっておけば良かったんだろうなぁ…と今になって後悔…


まさか教員免許が就職に響いてくるとは考えていなかったのと(日本の大学の感覚ですね…)、教授たちも、今までいた留学生の中で、博士課程だけを取りに来たパターンと言うのがほとんどなかったので(たいていは学部か修士課程から来ている)、まさか州の教員免許を持っていないとは、と後になってあたふたした感じがありました…。


それに、博士課程にいる間は、毎日忙しすぎて目の前の仕事を終わらせるのに追われて、そういうところへ目が行きにくかったです…weep (我ながらダメダメだなぁーと思います。)



あとは、教授を通してコネクション作りをもっと積極的にやっていくことも大事だったと思います。



(言い訳ばかりですが)、直属の教授が二年目に病気になり突然退職してしまったことと、その後、宙に浮いていた私の面倒を見る!と名乗り出てくれた教授の専門が、私の専門と違っていたことで、その教授のコネクションを全く使えなかったことなども、上手くいかなかったところだと思います…が、


そうならばそうで、どちらかと言えば専門の近い別の教授に乗り換えるとか、対策はいくらもあったはずなんですよね…(そういうのを言い出しにくいところも私の弱点…)



とにかくいろいろな点で、ダメダメなのですが…



今回だめだめだったことも、いつか振り返った時に、塞翁が馬にしてみせるくらいの意気込みで…(まだちょっとへっぴり腰のままですが)、


ここからがまた始まりかなー



と思った一日でした。


ブログランキング・にほんブログ村へ

2013年8月 2日 (金)

家の裏で遭遇した巨大な鳥…その正体は?

数か月前、アパートの裏道を車で走っていると、巨大な鳥がととととっと道を横切って行くのに遭遇したことがありました。


道の両脇は林(森に近い)になっているので、左の森から右の森へと移動するところにたまたま出くわしたという感じだったのですが、


今までそんなに巨大な鳥が一般道を歩いているのを見たことがなかったので、

まず最初に思ったのは


誰かのペットが逃げ出したのかな?(・_・)?


ということでした。


その鳥はメスのクジャクくらいの大きさで、尾が長くわさわさとしていました。

家に帰ってすぐに旦那さんに報告すると、この辺に野生のクジャクはないだろうから、たぶん野生の七面鳥かな?と言われました。


野生の七面鳥…


そんなもんがうちのすぐ裏に生息しているなんて…


アメリカすぎやしませんか?


と思いつつ、その鳥のことは忘れて過ごしていました。


ところが、つい二日ほど前、スーパーへ行こうと車に乗った途端、

「そう言えば、あの野生の七面鳥はどうしてるかな…」

と、なぜかふと七面鳥へ思いをはせる瞬間があり(本当です)、

裏道へ進む角を曲がると…


目の前にその七面鳥がいるではありませんかっ!(゚д゚;)(本当です)


車を停めて写真を撮ろうと携帯を取り出していると、車のすぐ前をとことことこちらを振り返り振り返りしながら、前へ歩き出しました。


私の携帯はとても古い型なので、なかなかカメラが起動せず、やっと写真に撮れたと思ったら、かなり前の方へ進んでしまった後で(更にカメラの画像が非常に悪く)とても小さな姿しか収められませんでした…bearing
もう少し近寄って撮ろうと車をじりじりと寄せて行くと(鳥が怖いので車からは下りず)、その鳥も少しずつ歩を速めて、怪訝そうにこちらを振り返りながら、ゆっくりわさわさっと羽をばたつかせ、遂にはわっさーと巨大な羽を広げて木の上の方へ飛んで行ってしまいました。



えぇーっ??七面鳥ってあんなに高く飛べるんかいなー??


っていうかあいつほんまに七面鳥か??



と湧き上がる疑念…。


しかも、もともと道で何をしてたんかな?と七面鳥が何かしてた場所を見ると、



リスの死体が…shockshock (しかも食べかけ…shock



絶対に七面鳥ちゃうやーん!!



家に帰って、早速旦那さんに携帯に収めた証拠写真を見せると、


「えっ、ハトじゃない?」


いやいや、ハトなわけないでしょ…(ハトごときで、巨大な鳥に出くわした、と大騒ぎするアホがどこにいる


と思いながら、できるだけズームにして写真を見せて、大体これくらいの大きさだった、とか、顔が赤かった、などと説明すると、


「あー、Vultureか…」

と言われました。

Vulture?(・_・)? 

インターネットで検索して写真を見ると、Vultureというのは、どうやらハゲワシのことらしいと分かりました。


そのVultureの写真の中に、特にあのエセ七面鳥にそっくりなのがいたので、これこれ、これだよ!と旦那さんに言うと、

「あー、これはTurkey Vultureだね」


Turkey Vulture…その名も「七面鳥ハゲワシ」

 
一応「七面鳥」と名前についてる…(遠からずだったんですね)


このTurkey Vulture、日本名はヒメコンドルと言うのだそうです。


コンドルなんて、サイモン&ガーファンクルの歌う「コンドルは飛んで行く」でしか知らなかった私ですが、急にご近所さんになれて、


やはりここはアメリカ大陸なんだなぁ~…


と妙な感動を覚えてしまいました。


ヒメコンドルの写真がこれです↓(私が撮ったものではありませんが)

Turkey_vulture_2


羽を広げるとかなりの迫力…


Turkeyvulture

ブログランキング・にほんブログ村へ

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

カテゴリー

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログ村