お気に入りに追加

無料ブログはココログ

« 学生の仰天発言 | トップページ | アメリカで教員免許試験を受ける。 »

2014年5月 3日 (土)

最も農薬に汚染されている果物&野菜ワースト12-2014年

2012年に、「最も農薬に汚染されている果物&野菜ワースト10」という記事を書きましたが、今年も同じNPO団体のEnvironmental Working Group(EWG)が調査したものが先日発表されていました。


今回もまた、アメリカの調査なので、日本の方には少し遠い話になりますが、ここにワースト12と、最も農薬の少なかったベスト15をご紹介したいと思います。



EWGの調査によると、お店に並ぶ65%の野菜&果物から残余農薬が検出されたそうです。2012年の調査の時は68%だったので、以前より少しですが改善がみられます。



農薬の妊婦や子どもへの悪影響を報告する研究は多くありますが、その多くが農薬散布に触れることによる直接的exposureの危険性(早産、先天性障害、小児がん、精神障害、ADHD、自閉症、ぜんそくなど)に関するもので、口から微量ずつ摂取し続けることに関して、どれほど子どもの発達へ影響があるのかは分かりませんが(真剣に探せば研究を見つけられると思いますが)、空気を通して触れることで、それだけの悪影響があるなら、微量ずつでも長年にわたって食べ続けるのは、あまり好ましくないような気がしますね。



勿論、きちんとした証拠がないのに無闇に騒ぐのは良くありませんが、
このような調査を通して、消費者側から改善を呼びかけるのは、悪くないことだと思います。



農薬を洗い落とす方法は、2012年の記事の最後の方に書いてあるのと同じものになりますが、この記事の最後にも載せておきます。



では、最も農薬に汚染されていた野菜&果物のランキングへいきましょう。





ワースト12:スナップエンドウ(輸入品)


12snappeaimported


アメリカへの輸入品に、13種類の残余農薬が検出されました。




ワースト11:いも

11potato


残余農薬量ではどの食料品よりも多かったようです。





ワースト10:チェリートマト

10cherry_tomatoes


スナップエンドウと同じく、13種類の残余農薬が検出されました。




ワースト9:きゅうり

9cucumber


きゅうりに関しては、2013年度の調査から全く改善も改悪も見られず、同じ結果になったそうです。





ワースト8:ネクタリン(輸入品)

8nectarinesimported


検査されたどのネクタリンからも、最低一種類の残余農薬を検出。





ワースト7:スィートベルペッパー

7sweetbellpeppers


昨年と同じ7位をキープ





ワースト6:ホウレンソウ

6spinach


葉物野菜は、ホウレンソウ以外にも、残余農薬の多い傾向にありました。





ワースト5:もも

5peaches





ワースト4:セロリ


4celery


セロリも、13種類の残余農薬が検出されました。




ワースト3:ぶどう

3grapes


一粒のぶどうから15種類の残余農薬を検出。





ワースト2:いちご


2strawberries




そして、ワーストワンは、やはりこれ…




1apples



りんご。


この検査が始まってから、毎年ワーストワンに選ばれているようです。

英語の教科書で習った、


An apple a day keeps the doctor away. (一日りんご一個で医者いらず)


という有名な言い回しも、そのりんごが農薬に汚染されていては、もともこもありません。




さて、農薬汚染のないClean Fifteenの野菜&果物はこちらです。

アボカド
とうもろこし
パイナップル
キャベツ
スィートピーズ(ジャコウエンドウ)
たまねぎ
アスパラガス
マンゴー
パパイヤ
キウイ
なす
グレープフルーツ
メロン
カリフラワー
さつまいも


南国フルーツが、多いですね。




では、農薬の効果的な洗い方ですが、一番よく落ちるのは、やはり洗剤で洗うことだそうですが、ホウレンソウなど洗剤で洗うのに抵抗のあるものもありますよね。




洗剤を使わずに、それなりに洗い落とせる方法が紹介されていたので、ここに紹介します。



レベル1:
1テーブルスプーン量のレモン汁
2テーブルスプーン量の重曹(ベーキングソーダ)
1カップ(250ml)の水、
をスプレータイプのボトルに入れ、よくふって混ぜる。
それを野菜や果物にスプレーし、5~10分置く。
洗い流して食べる。




レベル2:
1テーブルスプーン量のレモン汁、
2テーブルスプーン量のホワイトビネガー(お酢)
1カップ(250ml)の水をスプレーボトルに入れて、よく振ってから野菜にかける。



レベル3:かなり強力な農薬の場合
1カップ(250ml)の水、2分の1カップの酢、1テーブルスプーン量のベーキングソーダ、グレープフルーツの種の抽出液を少々、これもまたレベル1とおなじようにスプレーして放置後、洗って食べる。



ルーツクリーナーという市販の専用洗剤もあるようです。



ここまで書いてアレですが、一番良いのはやはり、オーガニックのものを買う事だそうです…(貧乏人に不利な社会…)。



情報源となったEnvironmental Working Groupのサイトはこちらです。



ブログランキング・にほんブログ村へ

« 学生の仰天発言 | トップページ | アメリカで教員免許試験を受ける。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1684490/56042868

この記事へのトラックバック一覧です: 最も農薬に汚染されている果物&野菜ワースト12-2014年:

« 学生の仰天発言 | トップページ | アメリカで教員免許試験を受ける。 »

カテゴリー

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

ブログ村