お気に入りに追加

無料ブログはココログ

« 2015年2月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年6月

2015年6月28日 (日)

外国語習得には遺伝子が関係?

「Journal of Neuroscience」 2015年5月号に、外国語を習得する能力に関係する遺伝子に関する研究論文が発表されていました。テキサス大オースティン校のチームによる研究です。



外国語を習得するのが得意な人、苦手な人が世の中にはいるように思えますが、それにはある遺伝子が関連しているというのです。


この研究では204人を対象に、聞いたことのない言語スピーチを聞かせて、その言葉を分類する作業を課し、それぞれ被験者のDNAサンプルを比較しました。


それによると、FOXP2という遺伝子のあるヴァリエーションを持つ被験者が、この言語作業をより早く、正確にこなしていた、ということが分かったのです。


もともとこのFOXP2という遺伝子は、1990年代に行われた研究で言語能力と関係しているということが分かっています。


その研究では、三世代に渡って重度の言語障害を持つイギリスのある家族(15人)の遺伝子を調べ、FOXP2が、認知的(パターンマッピング能力)と身体的(音声を発するのに必要な顔の筋肉を動かす能力)共に重要な役割を果たすということが分かりました。


外国語習得には、記憶力、推論力、認知力、情報処理能力などが必要で、純粋な言語能力だけで行われるものではないので、これだけで一概に外国語習得不適応と決められるわけではないと研究者は言っていますが、この遺伝子の傾向を知ることができれば、その人にあった言語習得サポートの方法も具体的に分かる日が来るのではないか、ということです。



論文:
Chandrasekaran, B., Yi, H-G., Blanco, J. N., McGeary, E. J. & Maddox, T. W. (2015), Enhanced procedural learning of speech sound categories in a genetic variant of FOXP2, The Journal of Neuroscience, 35(20), 7808-7812.



Limbi_straine_2_325jpg



ブログランキング・にほんブログ村へ

2015年6月16日 (火)

世界教育ランキング2015

OECDのPISA(Programe for International Student Assessment)という各国の教育システムを国際的に比較評価するテストを基に、数学と科学の教育レベル国別比較報告が5月に出されました。


今回は史上最多の76か国が参加しています。


先月のことなので、既に知っている方も多いかもしれませんが、

今回はアジア各国がトップ4を占め、西欧諸国でトップのフィンランドが6位(前回1位)

基本的には、OECDの国民所得レベルが高いほど、教育レベルも高い傾向にありますが、必ずしも所得ランキングと教育ランキングが完全に比例しているわけではないのが興味深い点です。


トップ10ランキング:


1位:シンガポール

2位:香港

3位:韓国

4位:日本

5位:台湾

6位:フィンランド

7位:エストニア

8位:スイス

9位:オランダ

10位:カナダ


ちなみに、


11位:ポーランド
12位:ベトナム
13位:ドイツ
14位:オーストラリア
15位:アイルランド


ベトナムが12位、という大躍進を遂げています。これからの国の発展を予感させます。


そして


最下位はガーナ。

続いて南アフリカ、ホンデュラス、モロッコ、オマーン、ペルー、ボツワナ、インドネシア。


UKは20位、フランス23位、ノルウェー25位 

アメリカは28位。


国のサイズが小さいほど、教育水準を上げるのが容易になるということは言われていますが、小さい国でも苦戦しているところは苦戦しているし、大きい国でもカナダなど好戦しているところもあります(カナダとUSは人口密度などに違いがあるので、単純比較はできませんが)。

もちろんこのテストの結果だけで教育の全てが分かるわけではないのですが…。

OECDのレポート、オリジナルはこちら

インタラクティブマップ↓ カーソルを地図の上に置くと、その国のランキングが表示されます。

ブログランキング・にほんブログ村へ

2015年6月 9日 (火)

ブログ再開

新人アシスタントプロフェッサー(助教授?というのでしょうか)としての1年がようやく終わりました。



(*'-'*)/ 



大学の学期中は、料理の鉄人(懐かしい…)のシェフのような身のさばきで(イメージ)、終わることのないやらなければならない仕事を同時多発的にこなすことに精一杯で、食べる事、寝る事もままならぬ日々でした。



その間にメールやメッセージを頂いた方、申し訳ありません。



2年目はもう少し楽になるのではないか、と期待していますが、


こんな風に仕事に明け暮れて生きるのは、心楽しいことではなく、その人生の質の低さに自分でも愕然とすることもしばしばあります。


外からもたらされる大変さはどうにもならない部分もありますが、自分の内からもたらされる大変な状況-仕事の仕方、引き受ける仕事の量、優先順位の設け方など-は改善可能な点も多くあるので、



Don't work harder, work smarter



の精神で、改善を重ねながら、仕事のバランスの取り方を身につけていきたいものです。

Hardworkisnotenough_2





ブログランキング・にほんブログ村へ

« 2015年2月 | トップページ | 2015年8月 »

カテゴリー

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログ村