お気に入りに追加

無料ブログはココログ

グルメ・クッキング

2014年1月15日 (水)

Soba Noodleはどこへ行く…

健康食ブームの中で、この頃アメリカでも注目を集めている「そば」。


麺類の中ではカロリーが低いのに栄養価が高いのが、その人気の理由ですが、


Soba Noodleとして、そばの麺だけが単独でアメリカの食卓(一部の健康志向の人の食卓に限られていますが)へ進出しており、なぜかその基本の食べ方は輸入されていない、もしくは、一度は輸入されたものの定着しなかったようなのです(詳しくは知りません)。


最近は日本でも、そばを色々とアレンジして食べる場合もあるようですが、


基本的には、温でも冷でも、つゆとセットで食べるのが、そばの美味しさを最大限に味わう食べ方だと、蕎麦好きの私は思っているのですが、そのようなオーソドックスな蕎麦の食べ方をアメリカで見かけることはありません(日本食レストランは別として)。



それどころか、


先日、Cooking Light という低カロリーレシピ本の、ホリデイクッキング特集を友人にもらったところ、その中に、こんな蕎麦レシピが載っていました。




Pa230004s



ガーリックや酢、ホイシンソースを使って、スパイシーに仕上げた、ラム肉と蕎麦の炒め物です。


東南アジアな味付けになっているようですが…

これは、


蕎麦じゃなーーーい!


と絶句… ( ꒪⌓꒪)美味しそうだけど


ところが、むしろこういう東南アジアンな蕎麦?の方が、アメリカではオーソドックスになりつつあるようなのです。


例えば、ビーフSobaヌードル↓


Beefsobanoodlesckl_2



チキンSobaヌードル↓
Sobanoodlesck1906389l




一応、日本食ということで、日本食っぽくアレンジしたものも…↓
Sobanoodlesmisoglazedtofuvegetables


って、焼き豆腐をのせただけ。


ていうか、
焼き豆腐デカっ!!



うーん…、私の大好物の蕎麦が、世界へ進出していく姿には嬉しく思うのですが、

基本の姿からどんどんかけ離れていく、蕎麦の運命に少し複雑な気持ちもしてしまいます。

(食文化と言うのは、異食文化との出会いで色々な方向へ発達していくのが自然なので、そして、そういうとんでもない融合があるから、新しい美味しさが生まれてくるものなので、それはそれで良いんですけどね…)


一体、

これから、Sobanoodleはどこへ行くのでしょうか?



ブログランキング・にほんブログ村へ

2013年8月15日 (木)

アメリカ人の夫も喜ぶ手抜きディナーレシピ

ずっと以前に、「アメリカ人の夫も喜ぶ超手抜きランチ」という記事で、手抜きすぎるランチのレシピを紹介したことがありますが、


今回は、もう少し普通の、でもとっても簡単に作れる手抜きディナーのレシピを紹介しようと思います。


アメリカで作る手抜きディナーで一番重宝する技…


それは、


肉を焼くshine


何しろ肉が安いので、安く早く済ませるのに持って来いなのです。


どんな肉もある程度美味しく焼くコツは、マリネィドソースを作ってそれに漬け込むこと。そうすると、どんな肉もたいてい柔らかくジューシーになります。


マリネィドのレシピは色々あるようですが、

基本は、


酸味、
塩味
アルコール、
ハーブやスパイス、
甘味、
オイル、
そしてガーリック


の組み合わせです。(鶏のから揚げを漬け込むタレのような感じですね)


酸味はお酢を使うか、塩味と酸味を合わせてポン酢を使ったり(地元のスーパーで売ってるような美味しくないポン酢でも、こうして使うと重宝します)、玉ねぎスライスを入れても良いです。


塩味は塩や醤油を使います。(醤油の方が美味しくなる)


アルコールはワインかお酒。私はその時家にあるアルコールを適当に使うこともあります。(旦那さんの飲んでいるジンとかウォッカとか…これは邪道かもしれませんが、仕上がりは悪くないです)


ハーブは、肉やその日の気分によって変えてもいいですが、はずれがないのはローズマリーとタイムです。
豚肉、牛肉、ラム、チキン、どれでもこの二つさえあれば美味しく仕上がります。
生のローズマリーとタイムがあればより良いですが、乾燥でも美味しいです。他にも好みで違ったハーブ(オレガノとかバジルなど)を入れても良いです。


甘味は、砂糖をちょっとだけ入れます。(肉の量によってソースの量も変わりますが、二人分でティースプーン半分くらい)


オイルはソースがまんべんなく行きわたるためのものなので、オリーブオイルをティースプーン一杯分くらいで大丈夫です。


ガーリックはスライスして入れます。


これらをジプロックのバックに入れて、そこに包丁の背で(または肉用のハンマーで)叩いて、塩コショウを少々振りかけた肉を入れて、ソースに漬け込みます。

朝のうちにここまでしておいても良いですが、作り始める30分前にしたとしても大丈夫です。



今日、我が家はポークチョップを焼いたのですが、


これがマリネィドソースに漬け込んだポークチョップです↓(肉がでかい…これはジプロックの大袋です


P8150011s


ポン酢にプラスして、酸味として、昨日刻んでいたネギのあまりがあったので入れました。



マリネィドに生姜を入れると、アジアン・テイストになり、それはそれで美味しいです。手に入るなら、豆板醤とかコチュジャンをごま油と共に入れると、韓国焼肉風味になります。


こうして漬け込んだ肉を、強火で熱して少し油(オリーブオイルでも)を引いたフライパンにそのまま投げ込み、片面を2~3分くらいずつ、少し焦げ目がつくように焼きます。

P8150014s


中身はまだ生なので、これを425~450Fに熱したオーブンにフライパンごと入れてしまいます。


P8150015s


フライパンの取っ手が耐熱使用のものを使ってください。

豚肉の場合、オーブンで10分~15分熱して出来上がり~。


簡単です!!(´∀`)ノ


牛肉やラムの場合は、お好みによってオーブンに入れる時間を調整してください。(牛肉でステーキを作る場合は、ステーキラブというスパイスミックスを焼く前にこすり付けると良いですが、これはまた別の機会に…)


マリネィドソースも簡単に作れるので、ここまでの所要時間(漬け込む時間は除き)、20分くらい。



今日は、ポークチョップの付け合わせに、激安で手に入れたトウモロコシ(5本で1ドル)と、マッシュルームと玉ねぎを適当に切ったものをオーブンでグリルして出しました。


サイドディッシュを、肉を焼く前のオーブンの予熱の段階から入れておくと、肉と同時にできあがるので便利です。


グリルして食べられるものなら何でも同じように作れるので、ズッキーニや、ナスや、アスパラなど、適当に切って一緒にグリルしてしまいます。(味付けは塩コショウか、ポン酢を掛けても、バター醤油でも、マヨネーズ醤油でも…)。


P8150013s


今日のトウモロコシは、昼に茹でてあった残り物を焼いて、マッシュルームとオニオンは、塩コショウとハーブ(バジル)を振りました。


これをそのままオーブンに入れておくだけなので楽ちんです(o^-^o)



随分ぼやけた写真ですが、これが出来上がりの図↓(日本人にはあるまじき大量盛り…) パンの代わりにコーンを主食とするずさんさ…でも、その方がローカロリーかな?(゚ー゚;

P8150020s


サラダはベビーリーフにミニトマトとナッツを載せただけの手抜き加減です。ゴートチーズやフェタチーズを載せるとより美味しいですが、今日は無かったのでシンプルに…。


最後に、アメリカ在住の方にお勧めのドレッシングブランド↓


P8150018s


Briannas’です。


色々な味がありますが、どれも美味しいくて、ハズレなしです。もしまだ試したことがなければ、是非お試しください。

2012年6月 8日 (金)

アメリカ人の夫も喜ぶ超手抜きランチ

ここ数日、忙しかったです…wobbly(今は少し中休みしてます)


日本にいれば、忙しい時にでもパパッとざるそば、とか、卵かけご飯とか(これはアメリカでもしてますが)、肉屋でコロッケ買ってきて、など、手抜きご飯にも色々とバリエーション?を持たせられますが、アメリカで手抜きご飯と言えば、宅配ピザを頼む、とか、冷凍物をレンジにかける、など、パターンが少なくなりがちです(私の場合)。


特に、日本食があまり手に入らない環境にいると、アメリカのスーパーにあるもので手抜きご飯を作るって、日本人にとっては慣れないことですよね…(工夫を凝らしてゼロから色々と作るほうが、まだやりやすいほどです)。



うちの旦那さんは、アメリカ人ながら大の日本食好きで、卵かけご飯も大好きなのですが(アメリカ人にとって生卵を食べることは結構抵抗のあることですが)、忙しい時は何日か続けて忙しくなるので、卵かけご飯ばかり続いても申し訳ないし、何か他に手抜きご飯…となると、やはりMade out of Cheese(チーズから作られた)人なので 、チーズ物に外れなし!ということになるんですよね…。


旦那さんの母は、かつて旦那さんを妊娠中チーズばかり食べていたそうで、文字通り?チーズ生まれのチーズ育ちなのです。


(ちなみに、私の母は妊娠中、スーパーの棚にある全ての小松菜を買い占めんばかりに小松菜ばかりを食べていたそうで、私は今でも小松菜が大好きです。←でもこれが、遠くにあるアジア食材を売っているスーパーまで行かないと手に入らないんですよね…
weep


話を戻して、仕事が忙しい時に、安くしかも簡単に作れるチーズ物ランチレシピをここに一つ紹介します。

しかもチーズ&イモなので、アメリカ白人にウケること間違いなし?です。


まず、Russetポテトを人数分(か、それ以下)用意します。
皮をごしごしとブラシたわしで洗い土を落とします(アクリル毛糸で編んだアクリルたわしで洗っても良いです)。この時に芽が気になるようでしたら、くり抜いて取り除きます。


ポテトをフォークで数箇所刺し火が早く通るようにしておきます。これをラップに包んで電子レンジで柔らかくなるまで調理するか、アルミホイルに包んでオーブンで1時間ほど調理します(オーブンの温度などは適当に350Fから450Fくらいです)。


P5280005s
ベイクドポテト↑の出来上がり図。

中まで柔らかくなっているかどうか、爪楊枝か箸をさして確認します。


柔らかくなっていれば、それを半分に切ります。(最後まで切りきらず開くように切る)↓

P5280007s

そして、ここからが手抜き具合満開の


P5280001s

Smart Onesです…。(一人用ダイエット食品。冷凍物のところに売っています)


サンタフェスタイル・ライス&ビーンズを使います。ちょっとチリ風味のキドニービーンズとライス、コーン、ズッキーニの入ったガーリック&チーズ味のドリア?みたいな感じでしょうか。メキシカンな味も入っています。(そのまま食べてもイケる味です
restaurant


箱の中はこんな感じ(ザ・冷凍食品ですね…)。


P5280002s

レンジで3分(High)加熱します。


P5280004s

取り出して、ビニルカバーを開けてよく掻き混ぜます。そしてまたカバーを戻して、1分半~2分レンジで加熱します。


これを先ほどの半分に割ったイモに載せます。↓


P5280008s

その上に更にチーズを載せて(カロリーが高くなりますが)、


P5280009s

辛いものが好きな人は、ここにハラペニョをのせます。
スーパーで売っている、瓶詰めのハラペニョスライス↓


P5280011s

そして、チーズに少し焼き色がつくまで(またはチーズが溶けるまで)、オーブンで焼きます。
あんまり長時間焼きすぎるとライスがバリバリになるので、チーズが溶けるくらいで丁度良いと思います。


できあがり。

P5280013s

アンヘルシー!ですね
…。

でも、たまーに食べるだけなら許されますよね…。



オーブンでポテトを調理する場合、時間はかかりますが、手はかからないので、オーブンにイモを入れて、柔らかくなるまでの間仕事が出来ます。一番手のかかる過程はイモの芽を取るところと、サンタフェライスを混ぜるところのみ…です。


見た目は、McAlisterカフェのベイクドポテトにも負けず劣らずな感じになるので、安くて手抜きの割りにちゃんと作った風を演出?できます。


日本人にとって、ライス・オン・ポテト、はちょっと「新しい」口当たりだな~と思われると思いますが、アメリカ人ウケは良かったです。


忙しい日のランチにお試しください。


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ
にほんブログ村

カテゴリー

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

ブログ村