お気に入りに追加

無料ブログはココログ

アメリカで結婚

婚姻届提出、刑務所で結婚、グリーンカード

2012年9月19日 (水)

グリーンカードのインタビューがおかしい

先週・今週と目から血が出そうなほど忙しいです(寝不足で目が血走りすぎて)。

昨日は朝5時過ぎまで仕事をして、2時間ほど寝て、以前から告知の来ていたグリーンカード申請に伴うインタビューへ行ってきました。

ちょうどシャーロット市内に移民局があるので、遠くまで車を運転して行く必要がなくてよかったのですが、それでも往復で約1時間くらいはかかりました。(疲れる・・・)

グリーンカードと言うのは、アメリカの永住権のことで、これがあると選挙権以外の権利がアメリカ人と同じだけ確保できます。


もともと特にグリーンカードに興味があったわけではなかったのですが、主に経済的な理由で仕方なく申請していました。(でも!グリーンカードは申請費自体が高く、合計で15万円くらいかかりましたwobbly貧乏学生には大打撃…

それに、博士課程卒業後もアメリカの大学で教える場合、グリーンカードがあれば手続きが簡単になるんですよね・・・。

ところで、昨日のインタビューですが、
私のようにアメリカ人との結婚に伴いグリーンカードを申請する場合、まず疑われるのが、グリーンカード欲しさによる偽造結婚のケースです。よく映画の題材になってますよね。

なので、グリーンカードインタビューに備えるためのサイトでは、そのケース向けに色々なアドバイスが載せられてあります。(偽造をどう隠すか、というのではなく、偽造と疑われないためのアドバイスです
(*^-^)

人によっては、グリーンカード申請を何年も挑戦している場合もあるようで(出身国とアメリカとの関係にもよるかも?)、弁護士同伴で行く場合もあるようです。昨日も3組ほど弁護士を同伴して来ていました。

私達もインタビューの前の晩に、旦那さんが色々とサイトを調べて、よくある質問について一応二人で答えを合わせる予習をしました。(偽造ではないので、予習する必要もないのですが、案外と思い違いしてる場合もあるので念のため…)


サイトの情報をもとに予習した質問の例:


When and where did you meet for the first time? 
(最初の出会いはいつでどこですか?)

Could you please describe the first meeting?
(最初の出会いについて話して下さい)

What did you do for your spouse's last birthday?
(一番最近の配偶者の誕生日には何をしましたか?)

What did you give each other for your last birthdays?
(一番最近のお互いの誕生日には何をプレゼントしましたか?)

What is the most important holiday of the year in your household?
(家で一番大事な祭日・祝日はなんですか?)

When did your spouse take a vacation last time from work?
(配偶者が最後にバケーションを取ったのはいつですか?)

Who cleans the house?
(誰が家の掃除をしますか?)

What are the garbage pick up days?
(ゴミ収集日はいつですか?)

What color are the curtains in your house?
(家のカーテンの色は何色ですか?)

Who gets up first? At what time?
([朝]最初に起きるのは誰ですか?何時に?)

How many staircases are in your house?
(家の階段は何段ですか?)

How many sinks, toilets, and showers are there in your house/apartment in total?
(家にはいくつシンク、トイレ、シャワーがありますか?)

Does your spouse listen to the radio? What station?
(配偶者はラジオを聴きますか?どの局ですか?)

Name one TV show that you always watch together.
(いつも一緒に見るテレビは)

What does your spouse drink in the morning?
(配偶者は朝何を飲みますか?)

What is your spouse's most(least) favorite food?
(配偶者の好きな・嫌いな食べ物はなんですか?)

Who sleeps on each side of the bed?
(ベッドのどちら側で寝ますか?[意訳])

When was your wife's last menstrual period?
(奥さんの一番最近の生理はいつでしたか?)

Where do you keep your toothbrushes?
(歯ブラシはどこに置いていますか?)

Did your spouse go to work yesterday? If so, at what time did your spouse leave the house and return?
(昨日、配偶者は仕事へ行きましたか?何時に家を出て、何時に戻ってきましたか?)

What did you have for the dinner last night?
(昨日、夕飯に何を食べましたか?)

Who went to bed first last night?
(誰が最初に寝ましたか?)


などなど…。


(もっと見たい方は、こちらのサイトへ。immihelpのサイトです。)


本当に結婚してるのか、一緒に暮らしているのか、と確認するための質問ばかりです。(もっとプライバシーに突っ込んでくるきわどい質問もあります・・・。)


これを別室に入れられ別々に答えさせられるケースもあるようで、そうなると本当の夫婦でも、答えがばらばらになりそうな微妙な質問も多いです。


私達も、いざ答えを確認すると、案外思い出せないこともあったりして(例えば、
私の誕生日に何をしたかどうしても思い出せず、適当に答えを偽造したり…)、旦那さんが私の嫌いな食べ物を知らなかったり(イクラと鯖寿司。イクラと鯖寿司を食べる機会がないせいで、好き嫌いが無いと思っていた。)、事前に確認しておいて良かったかも!という感じでした。


さて、実際のインタビューはと言うと…。


最初に郵送していた申請書類を見て、大まかに偽造っぽさ?をチェックされているのかもしれませんが、(それとも日本とアメリカの関係によるのか)、偽造の疑いが無いと見られたようで、夫婦同室で、質問も最初の2つ(出会いについて)聞かれただけで、後は主に私に対して、グリーンカード申請用紙にも書かれてあった質問を繰り返しただけの簡単なものでした。


ところがそのグリーンカード申請用紙にも書かれてあった質問と言うのが、またかなり馬鹿げていて…


例えば、


「あなたはアメリカ政府を力づくで転覆させるつもりがありますか?」


とか、


「スパイ活動に従事する予定はありますか?」


などなど…。


例えもし、この質問にYesと答える人がいたとしても、恐らくその人はスパイとしての腕もないだろうし、アメリカ政府を転覆させることにも成功はしないだろうから、心配する必要はないと思います。


Peanuts35_2

肝心のグリーンカードですが、インタビューが終了すると、その場で許可か却下か知らされます。

アメリカ政府を転覆させる予定のない(今のところ)私は、無事グリーンカードをもらえることになりました。


ブログランキング・にほんブログ村へ

2012年5月25日 (金)

Tdapというワクチンが痛い!

先日、グリーンカード取得に向け、健康診断を受けてきました。


そこで、
アメリカで2007年に11~12歳の子どもに対して接種推奨の始まった新しいワクチンのTdap(=tetanus, Diphtheria, acellular pertussis, Adacel)をうたれました
bearing


このTdapかなり痛かったです。筋肉注射だったのかも?液体がぐいぐい身体に食い込んでくる痛みがありました…。


それに加えて、接種後少ししてから、打たれた辺りの筋肉が硬くなり、その部分が熱を持って痛みます…。


1日が経過しても、筋肉の硬直はあちこちへ移動&広がりをみせ、そのうち注射を打たれた腕を中心に、肘、手首、脇の下、肩、背中、首まで痛んでいきます…。 
(インフルエンザの時に感じるような関節の痛み+筋肉の硬直?の痛みcrying。腕が動かしにくくなりました。)
入ってきたウィルスと闘っているのかな?という感じですが…。

どんどん悪化していくので、インターネットで調べてみましたが、これはよくある反応のようでした。
長い人で3週間もこの痛みが続いたりすることもあるみたいです。

予防接種でここまで痛みが長引いたのは初めてだったので、心配になりましたがこれが普通とは…

恐るべしTdapです。

追記:結局痛みは1週間続きました。3日目には微熱も出て、注射を打たれた肩を中心にかーなーり痛みました。半日横になって過ごしました。


Babyvaccinationforbetterlife
(この赤ん坊の顔が私の心境を代弁しています)


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 英語ブログ 英語表現・口語表現へ
にほんブログ村

2012年5月 9日 (水)

アメリカ在住のまま日本へ婚姻届を提出

アメリカで婚姻届を提出しても、日本へ婚姻届を出さなければ、
日本では独身のままになります。

アメリカで婚姻届を出すのが非常に簡単であるのとは対照的に
(ソーシャルセキュリティー番号やその州の運転免許書などがあれば
不安なほどあっと言う間にできてしまいます)
日本への婚姻届は何通もの書類やそのコピーが必要で
結構大変です…
gawk

私の経験を基に、アメリカにいながら日本へ婚姻届を提出する方法を書いてみます。
(誰かの参考になれば幸いです。)


必要な書類は以下です(2012年4月の時点)。

-本人確認書類

o 日本のパスポート(写真のあるページをコピー…1通)

o 米国の滞在を証明する書類 (私の場合はF-1ビザとI-20…各1通) 

o 現住所を証明する書類 (私は米国運転免許証のコピーを使用…1通)

-婚姻届書…2通(大使館か領事館から郵送してもらいます)

-戸籍謄本…2

-婚姻証明書(Certificate of marriage
(アメリカでの婚姻届、
 マリッジライセンスを申請する時に
 コピーして欲しい枚数をあらかじめ依頼できます…
2通)

-婚姻証明書の抄訳文…2通(うち1通はコピー。
 自分で和訳します。
 婚姻届と共に
抄訳文用の書類も送付してくれるので、
 そこに必要事項を記入するだけでいいです。

-アメリカ籍の夫の国籍を証明する書類

o 米国パスポート(コピーwith Notary Public Seal)…1
(公証人シール[立体ハンコのようなもの]は、
銀行員がたいてい持っているので、銀行に行くとすぐ手に入ります。
コピーした紙そのものにシールを押してもらいましょう。
別紙に押したものだと無効になります。)

o 出生証明書原本…1

o 出生証明書 (コピーwith Notary Public Seal)…1

o 出生証明書の抄訳文…2通(うち1通はコピー。
これも自分で和訳します。
婚姻届と共に
抄訳文用の書類も送付してくれるので、
そこに必要事項を記入するだけでいいです。


私の住んでいるところがアトランタ領事の管轄下なので、
アトランタ領事に問い合わせて
婚姻届を送ってもらいました。
問い合わせるとすぐに送付してくれました。

担当者さんのとても丁寧な対応に
日本を思い出しました。

私の場合、郵送で届出ました。
郵送にすると
それぞれの書類のコピーが必要になります。
領事館の窓口へ直接行く場合は
コピーは不要のものが多いです。

また、結婚相手が日本人の場合や、
アメリカ籍のない外国人の場合でも
必要書類が変わってきます。

詳しくは大使館のホームページにもあります。
http://www.us.emb-japan.go.jp/j/koseki/marriage_doc2.html

日本の婚姻届に
夫の名前と夫の両親の名前を書く欄がありますが、
私は最初に、ミドルネームを文字通り中間に書いてしまい、
書き直して再提出になってしまいました。
despair
ミドルネームは、最後につけるのだそうです。

日本で家族とは別のところに新本籍を設ける場合は、
あらかじめ新本籍地となる市町村に連絡し、
その住所に新本籍の設置が可能か、と
住所の正式な記載の仕方も聞いておくと良いです。
それから、新本籍を設置する市役所の
戸籍住民課の住所と担当者名も聞いておき、
領事の担当者に知らせます。

アメリカ流に慣れてしまったのか、
ついつい、細かいところまできちっと記入が必要な日本流で
手間取ってしまいました…。情けないです。

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ
にほんブログ村

アメリカの刑務所で結婚

つい先日、交際8年になる男性とついに結婚しました。

日本の市役所で婚姻届を提出するように、アメリカでも市役所や裁判所で婚姻届を提出できます。

公証人の資格を持った係りの人が、結婚式のように誓い文を読み上げ、
私達は右手を上げそれに返事をし、誓いのキスをさせられて結婚が成立します。

私達も前日に裁判所でマリッジライセンス(結婚許可証?)を取り、次の日に裁判所へ、と思っていたのですが…、

今住んでいるシャーロットという街では、
なぜか裁判所と中央刑務所を日替わりで婚姻届の窓口として使っているらしく、私達の行った日はたまたま刑務所の日…。

しかもその窓口が刑務所に入っている親族や友人を保釈金を払って引き取りに来る窓口と同じという珍事。

ちなみに、中央刑務所は裁判所と道路を挟んで隣同士なので、
物理的には裁判所が刑務所になったところで何も問題はなかったのですが、精神的(雰囲気的?)には大違いの結果になりました。

結婚届けに来ていたのは10組くらいのものでしたが
(婚姻届の受付時間が決まっていて、結婚組が一同に窓口に集まっていました)、
一組に付き証人を二人連れて来なければならず、
結構な人で窓口のあるロビーはがやがやと賑やかになっていました。

ところが、そこはあくまで刑務所、
警備の警察官が立っており、ロビーで待っている人の声が大きくなってくるたび、静かに!と怒鳴りつけにやって来るのです。

まー結婚組はみんなハイテンション(多分人生で一番のハイテンションな瞬間)だから、静かにしろという方が無理な話で(しかもアメリカ人に)…、

何度叱られても、時間が経つうちに徐々にワイワイとうるさくなってしまい…(待ち時間も結構長かった)、

最後には、殆どキレかけの警察官にとても真剣な顔で
「この次うるさくしたら今すぐ出て行ってもらう!」とまで言われてしまいました。


私達は婚姻組の中ではかなりおとなしく待っていた方だったのですが、
ロビーにいる唯一のアジア人である私がたまたま目に付いたのか、

「今すぐ出て行ってもらう!」と言ったときの警官は、なぜか私の目をまっすぐに見つめておりました…despair

誰かにあんなに怒られたのは、中学校以来かも…。
自分に否がなくとも、誰かに怒鳴られると言うのは心がしゅんとしてしまうものですね。

けれど、周りのアメリカ人はあまり心がしゅんとしているようには見えず、
刑務所なので、写真撮影も禁止と警官にキツく言われていたのにも関わらず、
フラッシュを光らせながら写真撮影をするカップルも結構いました。
心が強すぎです。

あそこまで怒鳴る警官もどうかと思いますが、それより何よりまず、
婚姻届を刑務所で受け付ける、というシステムを見直すべきじゃないか?と思いますね…。

それかせめて別の待合室を設けるか。

それか受付時間を決めないか(婚姻届の受付時間が1時間と決まっているので、婚姻組みが集中してしまい、うるさくなりやすいのかも)。

それともやはり、一度注意されたら静かにすればいいだけの話かもしれませんが…。

とにかく、アメリカの不思議なシステムを感じた一日でした。



こちらは裁判所の外観です。


P3100002_small


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ
にほんブログ村

カテゴリー

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログ村