お気に入りに追加

無料ブログはココログ

世界の絶景

いつか訪れたい場所

2013年3月19日 (火)

雪のある名景

すっかり春になる前に、雪のある名景写真をナショナル・ジオグラフィックスから選んでみました。

夜寝る前に
、時々ナショナル・ジオグラフィックスのサイトへ行き、ランダムに名景写真を見ています。



リトアニア

Treeslithuania_29121_600x450_2
 

メリーランド州
Winterstormmaryland_29847_600x450_2

Banff国立公園、カナダ
Icesculpturebanffnationalpark_canad


オックスフォード、イギリス

Oxfordengland_29840_600x450_3

タスマニア、Wellington山
Mountwellingtontasmania_29108_600x4

ウェストイエローストーン、モンタナ州
Westyellowstonemontana_29113_600x45


オランダ
Snowyroadnetherlands_29843_600x450


ウクライナ
Aipetrimountainukraine_29833_600x45

ウェールズ、イギリス Snowdonmountainwales_29830_600x450


エストニア
Tallinnestonia_29107_600x450


Westhighlandterrier_29844_600x450


ブログランキング・にほんブログ村へ

2012年10月12日 (金)

世界の絶景-写真家にとって最も象徴的な場所トップ10

ナショナルジオグラフィックから、写真家の選ぶ、写真を撮るのに最も象徴的な場所トップ10。 オリジナルサイトはこちら

これを選んだジム・リチャードソン氏は、写真家によってこのトップ10リストはそれぞれ違うだろう、としながらも、ここに挙げた場所(殆どは有名すぎるほどの場所)は、そこへ行って写真を撮影するだけで、やはりとても深く豊かな経験を与えてくれる、と言っています。

(写真は全てジム・リチャードソン氏撮影)



1.南極大陸

1 (写真をクリックすると拡大します)


リチャードソン氏は、南極大陸は今でも冒険や想像を与える象徴的な場所であり、深い青色の空や、荘厳な青やターコイズ色の氷山や氷河、信じられないくらい豊富な生(勿論、ペンギンの群れも含む)に圧倒される、と書いています。




2.イタリア、ベニス

2

優雅で美しく、常に魅惑的な場所。

ベタな旅先でありながら、決して安っぽくなることなく、(むしろ)常に素晴らしく、ベタさを乗り越える何かのある街。
今ではこの街自体がミュージアムのようである。(
リチャードソン氏のコメント)


3.マチュピチュ、ペルー


3

未だ多くの謎に包まれたマチュピチュ遺跡。

高い山に囲まれた贅沢な隠れ家、途方も無い聖域、渦巻く雲…。ラマたちでさえもゴーストの声が聴こえるように見える。
石の家々、通り、広場、聖地、全てが、私達に見えないだけで、ここにまだ何かが生きていることを語りかけるようだ
リチャードソン氏のコメント:以下コメントは全てリチャードソン氏のもの)。


4.ストーンヘンジ、イギリス


4
永遠を呼び起こす数少ない場所。


5.タージマハル、インド


5

タージマハルはその美しさで有名であり(もちろん)、不朽の愛の象徴として有名であり(おそらく)、そして何よりも、その知名度で有名である。

何百万という写真家がこの全く同じスポットで写真を撮り、その全てが、大理石のモニュメントが完璧であるのと同じように「完璧」である。
この場所で写真を撮るという行為そのものが、何百万の写真が撮られたその場所からその景色を見ている自分を見るという意味で、巡礼のようなものなのだ。


6.イースター島


6

無意識の思考へといざなうモアイ像。

太平洋を長く旅してきたポリネシアンたちがここへ辿り着いて以降、千年もの間他にここへ来るものはいなかった。彼ら自身の想像力によって作り上げられた、彼ら独自の永遠。

夜の闇、南の空に広がる星空の下、巨大な像は心にとり憑く力を持つ。




7.タプローム寺院、カンボジア

7

アンコールワットは世界で最も巨大な宗教的建築物であるが、そのすぐ側に、もう一つ寺院がある。それがタプローム寺院。

スケールはアンコールワットに劣るが、精神に浸透してくる度合いでは勝っている。

宗教的シンボルに絡みつく木の根は、古代の神経中枢系のシナプスのようだ。それは、石に刻まれた失われた思考を繋いでいるようにさえ見える。


8.セレンゲティ、タンザニア


8

広大な眺めはとても静かで、まだ世界には野生の土地があることを感じさせてくれる。ここでは私達が侵入者であり、私達がいかに取るに足らない存在であるかを思い知らされる。そして謙虚な気持ちと心地よさを感じることになる。


9.ギザのピラミッド

9

ピラミッドそのものが事実上、「象徴的」というコンセプトを定義するものだ。

王の墓、人間の願望、全てが燃えるエジプトの太陽の下にある。


10.パプアニューギニア

10

パプアニューギニアの高地に立つと、現代世界によって上手く隠されてきた私達の心の奥を覗き見ることになる。

彼らの顔を見つめていると、私達の中にある未解決で壊れたものと向き合うことになる。彼らの歌が日々のフォークから、精神世界の亡霊へと移り変わる様は驚異的でさえある。


ブログランキング・にほんブログ村へ

2012年8月27日 (月)

世界の素敵な図書館12

大学図書館の記事につける写真を探しているときに、色々と素晴らしい図書館の写真を見つけたのでここにまとめておきます。


いつか行ってみたい場所ということで、「世界の絶景」のカテゴリーに入れておきます。


1. Admont Abbey Library-Austria

Admontabbeylibraryaustria_2


2. Canadian Library of Parliament - Ottawa, Canada

Canadianlibraryofparliament


3. Library at El Real Monasterio de El Escorial- Madrid, Spain

Elescoriallibrarymadridspain


4. Jose Vasconcelos Library- Mexico City, Mexico

Josevasconcelosbiblitecamexicodf


5. Michell Library- Sydney, Australia

Mitchelllibrarysydney


6. National Library of Finland- Helsinki, Finland

Nationallibraryoffinlandhelsinki


7. Real Gabinete Portugues de Leitura- Rio de Janeiro, Brazil

Realgabineteriodejanierobrazil


8. Strahov Theological Hall- Prague, Czech Republic

Strahovtheologicalhallprague


9. Suzzalo Library at the University of Washington- Seattle, Washington

Suzzalolibraryseattle


10. Thomas Fisher Rare Book Library at University of Toronto- Toronto, Canada

Thomasfisherrarebooklibraryuniversi


11. University Club Library- New York City

Universityclublibrarynewyork


12. Yale University's Beinecke Rare Book and Manuscript Library- New Haven, Connecticut

Yaleuniversitybeineckerarebookandma

図書館好きの私にはたまらない写真ばかりです。

ブログランキング・にほんブログ村へ

2012年7月31日 (火)

世界の名景―ギリシャ

ギリシャ、サントリー二島


Oiasantorinigreece

Greecesantorini_6024_600x450
夕方に、白い壁が淡い紫色に変わるのが特に素敵です。


この紫色を見ると、夕方の雪原を連想してしまいます(色合いがとても似ている)。すると同時に、寒い寒い雪原の向こうに家の灯りが見えてくるあの感じが思い出されて、異国の景色なのに、なぜか懐かしい暖かみを感じてしまいます。

いつか訪れたい場所のひとつです。

ブログランキング・にほんブログ村へ

2012年7月19日 (木)

世界の名景-インドネシア

インドネシアから絶景写真です。(ナショナルジオグラフィックのサイトからハンドピックしました)




Bromo-Tengger-Semeru 国立公園

Bromotenggersemerunationalparkeastj (写真をクリックすると拡大します)



ユネスコの世界遺産にも登録されているボロブドゥール遺跡の朝。

Borobudurtemplecentraljavamorning_3
(写真をクリックすると拡大します)

アジアの神秘的な空気がよく収まっている1枚ですよね…。素敵です。



Situ gunung 湖

Situgununglakewestjava_31630_600x45
(写真をクリックすると拡大します)


インドネシア、一度は行きたい場所のひとつです。

ブログランキング・にほんブログ村へ

2012年7月 5日 (木)

世界の名景―ミャンマー

今年は何かと話題に上ることの多いミャンマー。

11世紀~13世紀の間に立てられた4千近い寺院の林立するバガンの朝です


Templesbaganmyanmar_35659_990x742
(ナショナルジオグラフィックから。写真をクリックすると拡大します)


かつてのバガン王朝の都だったんですね…。

アジアらしい静けさの漂う朝の風景です。

一度行ってみたいですね。



2012年6月28日 (木)

世界の名景-トルコ

世界遺産に登録されているトルコのカッパドキア。


Balloonscappadociaturkey_40055_99_2
きのこのような形の奇岩地形です。

迫害されたキリスト教の修道士が身を潜めた地なんですよね。
迫害から逃れるために、巨大な地下都市がつくられました。

地下8階65メートルの深さにも及んでいるそうです。



ブログランキング・にほんブログ村へ

2012年6月20日 (水)

世界の絶景-ノルウェー2

ノルウェー、オスロから北西の方へ進んだところにある、Aalesund(オーレスン)という港町。


Aalesundnorway (写真をクリックすると拡大します)


北海道生まれ&育ちの私には、なぜか懐かしさを感じさせる景色です…。


カラフルな家並みや雪に覆われた山々が美しいコントラストを見せていますね。


こちらは、1890年~1900年の間に撮影されたとされるオーレスンの街。

18901900 (写真をクリックすると拡大します)

今年の夏はドコに行く?海外ツアー・旅行ならJTB!

ブログランキング・にほんブログ村へ

2012年6月18日 (月)

世界の名景-ハワイ・カウアイ島

ナショナルジオグラフィックスに寄せられたThe 2012 National Geographic Traveler Photo Contest(トラベラーフォトコンテスト)への一般投稿から。


Kauaihawaii_3 (写真をクリックすると拡大します)


Photograph by Scott Chapman

An aerial view of Tunnels Beach on the island of Kauai
「カウアイ島トンネルビーチの空からの眺め」


この頃はハワイの自然の美しさが注目されていますね。
太平洋に浮かぶ神秘的な島々です。


実はハワイも一度も行ったことがないので、学会がハワイで開かれないかな~と毎年期待しているのですが…(学会の旅費は大学から出るので
なかなか無いんですよね…。

今年の夏はドコに行く?海外ツアー・旅行ならJTB!
ブログランキング・にほんブログ村へ




2012年6月14日 (木)

世界の名景ーイラン

イランの首都テヘランです。


Tehraniran (写真をクリックすると拡大します)


旦那さんの友人にイラン人が4人いて、私も仲良くさせてもらっているのですが、みなさんきちっとしていて真面目で律儀です。(はめを外す時もありますが。)
信頼できる人ばかりです。



以前の記事でキアロスタミ監督の映画について書いたことがありましたが、イランと言えば、キアロスタミ映画の世界のイメージが強いです。


日本人にとって、イランの風景を思い浮かべることってあまり少ないかもしれません。イメージが湧かない!という人の方が多そうです…。


この写真でみると、とっても綺麗なところですね。

今年の夏はドコに行く?海外ツアー・旅行ならJTB!

ブログランキング・にほんブログ村へ

カテゴリー

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログ村